【公式】上高井戸歯科六本木 セラミックとジルコニアで格安な審美歯科治療ができるクリニック

  • 03-5770-8469 東京都港区六本木5-1-3ゴトウビルディング1st 9F
  • メールでのお問い合わせはコチラから

Q&A

このQ&Aは、患者様のご来院を誘導するための内容ではなく、どうしても知って頂きたい真の本音で記述されています。ここに書かれていることは、長文ですし、たぶん何処のクリニックのWEBサイトにも書かれていないことばかりだと思いますが、耳触りの良い内容しか記載されていないクリニックと、どちらを信じ選ばれるか、お考えいただくきっかけになれば光栄に思います。

Q:セラミック治療は痛くないのですか?
A:正直な話、痛みが出ることもあります。
教科書では、クラウン(差し歯)をかぶせる歯は、神経を取った歯(失活歯)であることとされています。
しかしながら、特に近年では、健康な歯に審美的にクラウンをかぶせるために、神経を残したまま(生活歯)でクラウン治療をという希望が多く、当院でも、なるべくであれば生活歯クラウンという選択肢を採用するようしています。
そこで考えてみてください。神経のある歯を削るのです。もちろん治療中は麻酔がかかっていますので一切痛みはありませんが、その麻酔が切れればやはり痛みが出ることがあります。クリニックによっては、「痛くない」と謳っているようなところもありますが、よく読んでください、麻酔がかかっているので治療中は痛くないと言っているだけで、その麻酔が切れてからのことを書いているクリニックはほぼありません。
歯を削るということは、それだけ歯が薄くなり、神経までの距離が短くなり、振動や温度変化といった神経へのストレスが増加します。また、エナメル質という歯の外側の堅い部分は、歯の根元の方が薄く、そこにセラミックをかぶせるための充分な厚さを削ると、その下にある象牙質という組織が出ます。象牙質には、神経に通じる目に見えない穴が無数に開いていますので、いわゆる知覚過敏という状態を人工的に作り出しているような状態となり、常時痛みが出たり、食べ物が触れたり、熱いもの冷たいものを食べたりすると、とても強い痛みを感じることがあります。
では、これらは、常に起こるのかというとそうでもありません。人によって全く痛みが出ない方もいれば、とても強い痛みが出る方もいます。何本かの歯を同時に治療して、そのうち1本だけ痛むような方もいます。歯の中の神経のポジションや、象牙質の状態等、体質によっても違ってくるのです。
歯を削った後は仮歯をセットして、それらの部分をガードしますが、仮歯ではどうしても完全に封印出来ないために、そのような痛みが続くこともあります。また、仮歯自体が象牙質を刺激して痛みに繋がることもあります。
その場合、治療が失敗して神経がむき出しになっているのではと疑われるほどの痛みが出るような患者様もおられますが、そのようなことは間違ってもありませんのでご安心ください。前提として、クラウンをかぶせる厚みを削る程度くらいで神経が出てしまうことはあり得ません。しかしながら、希に、象牙質が薄い歯や、神経のポジションが特殊な歯で、神経が出てしまう(露髄といいます)ことがあります。しかしながら、その場合、即時に被覆処理や神経を取り除く処理へ移行し、間違っても露髄したままにしておくことなどあり得ませんのでご安心ください。逆に本当に神経が出てしまえば、その神経はまもなく壊死して痛みを感じなくなりますので、痛い=神経が元気に生きている、という証拠なのです
ただ、本当に強い痛みが出ることもあり得ますので、そのような場合は、大変お辛いとは思いますが、痛み止めを飲んでいただき、すぐに来院ください。当院では、どんなに混み合っていても、痛み止めだけで放置せず、直接拝見させて頂き、対応させて頂きます。
最終的なセラミックのクラウンや、ジルコニアのクラウンは、大変精度が高く、その精度が高いクラウンを、専用の強力な接着剤で接着することにより、象牙質も封印され、神経のストレスも解放されることから、徐々に痛みは消えていきます。
もしそれでも痛みが続くようであれば、教科書通りの抜髄(神経を除去すること)治療へと移行します。昔であれば、生活歯と失活歯とでは、その後の耐久年数が全く違うと言われていましたが、現代では薬剤等の進歩もあり、抜髄した歯でも、その後数十年変わらず使い続けることができます。ちなみに、いまこの文章を書いている私(このWEB担当)の口の中には、抜髄後35年の歯が1本と、34年の歯が2本、31年の歯が2本、17年の歯が2本の計7本、今でも何の問題も無くセラミッククラウンで噛めています。
綺麗になるために髪の毛をカラーするだけでも、頭皮にダメージを負ったり、痛みを感じたりすることがあります。神経の無い髪の毛でさえそうなのですから、神経のある歯をずっと白くキレイにするために、皆さん乗り越えられています。
当院では、芸能人の患者様も数多く来院されます。テレビを見れば、キレイな歯のタレントさんやモデルさんが、とても素敵な笑顔をされているのをご覧になられることも多いと思いますが、大なり小なり、あの笑顔の裏にも皆、このような痛みを乗り越えた過去があったのだろうことをご想像してみてください。
Q:歯医者のあの削る音がダメなのですが・・・
A:あの音だけはどうにもできません、少しだけ我慢してください。
クラウンをかぶせるために削る部分は主にエナメル質という部分です。このエナメル質はとても硬く、硬度が7あります。ちなみに大理石の硬度が3、ガラスが5、地球上で一番硬いダイヤモンドが10ですので、エナメル質がどれほど硬いかお分かりいただけるかと思います。
この硬度7の部分を、正確に、全方位に渡り削っていくのですが、虫歯の小さな穴を削る治療と比べ、比較にならないほどの音や振動に驚かれる患者様も多いです。中には、とても雑に削られたと言われる方もおられますが、とても硬い部分を、高速回転する器具で、ブレないように指先に集中し、しっかりと保持し正確に削ります。そのため、とても強い振動が伝わるかと思いますが、治療上どうしても伴うものですし、決して雑に削っているわけはありませんので、どうぞ少しの間だけ我慢してください。
Q:まさか血が出たりしませんよね?
A:歯茎から出血する場合があります。
たまに、笑顔になった時等に、歯の根元に、明らかに差し歯と分かる黒いラインが見える人を見たことがあると思います。これでは審美的に完全にアウトです。
当院では、審美的なパーフェクトを求めて、歯茎から歯が生えている状態を再現するため、歯茎の下の歯をコンマ数ミリ削ります。そうすることにより、歯とクラウンのつなぎのラインは歯茎の下に隠すことができ、目を凝らして見ても天然歯と見分けが付かなくなります。
この作業をする際に、どうしても器具が歯茎に触れ、ごくわずかな出血を伴うことがあります。当然ながら歯茎に付いた小さな傷ですから、すぐに治癒します。
これは、ある意味、歯茎を傷つけるリスクを取ってでも、美しい仕上がりを目指しているための処置になりますので、どうぞご理解ください。
Q:初診で行って、当日からの治療は可能ですか?
A:もし、どうしてもと言われる場合は可能ですが、基本的に初診のカウンセリングでは、治療の流れと治療の方法、予想されるリスクやトラブルをしっかり説明し、ご理解頂くことからはじめます。そして、お見積書をお渡しいたしますので、それを一度お持ち帰り頂き、ご自宅で1日、ゆっくりお考え頂き、それでも治療を受けられる場合は治療に入るという流れを採用させていただいております。
クリニックによっては、治療のイスに座らされたまま、断れないような状態で治療を行うかどうかを決めろと迫られるようなところもあるようですが、高額になることもありますし、ご自身の体のことですので、当院では一度、プレッシャーの無い状態、断ることをためらう必要が無い状態にお持ち帰り頂いて、もう一度お考え頂くということをモットーとしており、来院当日に治療の契約を無理に迫るような行為は一切しておりません。
それゆえ、当日からの治療は、原則お断りさせて頂いております。
Q:痛みが出たのでセカンドオピニオンで他の歯医者に行ったら転院を薦められました。どちらを信じるべきですか?
A:患者様のお気持ち次第です。
当院でもセカンドオピニオンでお越し頂く患者様は多数おられます。しかしながら、そこでいきなり転院を薦めるようなことはまずありません。もし治療に疑問が見受けられるようであれば、その事実を客観的にお伝えし、より良いと思われる治療方法をご説明し、場合によっては担当の先生に連絡をし、これまでの治療の真意を確かめます。
しかしながら、特にこの業界では、そのようにセカンドオピニオンで来院される患者様を、非常に美味しい飛び込み客と見なしているクリニックも数多くあります。例えば仮歯状態でのセカンドオピニオンであれば、あとはセラミックの歯を作ってかぶせるだけです。そこで、現在通院しているクリニックや先生の悪口で患者様の不安感を煽り、自分のクリニックに転院させ、高額なかぶせ物の費用だけを頂こうとたくらみます。難しい歯を削る作業も前の先生が形成済みですから、何もしなくて済みます。一応表向き、全く何もしないわけにもいきませんので、建前上少しだけ削ってみたり、親身に話を聞くふりをして、不安な患者様の心理を利用し、「悪いのは前の歯医者、ウチでやっていればこんな事にならなかった」くらいのことを言われ、まんまと転院させられてしまいます。その後、いくら予後が悪くても、「前の先生のせいだ」と責任も取らなくてすむと考えます。
そこで、そのような悪徳クリニックに引っかからずに、しっかりとしたセカンドオピニオンを得るためには、まず大前提として、みだりに他院の悪口を言ったり不安感を煽ったりしない先生を選ばれることです。もし何か治療に疑問があって、それを患者様に説明するのであれば、現在の担当先生に連絡を取り、なぜ現状がそういう状態なのかをプロ同士で確認してくれる先生を選ばれることです。これらをせず、適当な理由を付けて患者様を不安にさせ、その不安感を利用して自己の利益にするような歯科医は避けるべきでしょう。
また、何でも、「ウチでやっていればこうだった」と、自分の技量を過度に盛る先生は信用しない方が無難です。そう言っているような先生達からのセカンドオピニオンの患者様を当院で拝見したりすると、あまりに稚拙な治療内容、問い合わせにもしどろもどろ、なんていうのもあるあるですので。
当院をはじめ、自信を持って治療に当たられている先生は、決して自惚れることなく、セカンドオピニオンで他の先生から問い合わせをされても、プロを相手に、なぜそのような治療をして、どうしてそれがベストだったのかをしっかりと伝えることができ、その上で、もし新たな方法を患者様にご提案いただけるのであれば、セカンドオピニオンいただける先生に尊敬と感謝を感じるモノなのです。
Q:なぜこんなに安いのですか?
A:お安いですか?
その方の経済力にもよるでしょうが、決して安くはないと思います。一生使える医療物であると考えても、通常の感覚からすれば、およそ高額であると言えるのではないでしょうか?
そのため、当クリニックでは、少しでも患者様のご負担を軽くすべく、常に医業努力をしています。
というのも、技工業界では、腕の良い技工師は絶対に安く仕事はしません。当クリニックでも、院長がその腕に惚れ込んだ技工士にのみ制作を依頼しています。だから当然、その仕入れ価格は高額で、決して下がることはありませんし、定期的に値上げされます。それでも、その仕入れ価格や値上げ分を、患者様にご負担いただかないよう、全てクリニックで吸収してご提供させて頂いております。
それゆえ、当院での提供物は、自信を持って、その倍、あるいは3倍のお値段で提供しても恥ずかしくない、一般クリニックで提供する技工物とは一線を画したクオリティであると自負しております。
当院には、常に、全国の技工所から売り込みが来ます。その卸価格は、現在の当院の仕入れ価格の半額以下のようなところもありますが、プロの審美歯科医の目から見て、お世辞にも当院で採用するクオリティではありません。しかしながら、そのような技工所でも、数多くのクリニックと契約を結び、数多くの技工物を制作して、その制作物が患者様のお口の中に入るのだと考えると、非常にもどかしい思いがあります。
ただ、この先、どうしても仕入れ価格を吸収出来なくなる時が訪れることは間違いありません。その時には、やむを得ず値上げをさせていただくことをどうぞご理解ください。
Q:例えばオールセラミッククラウンで、表示価格以外に必要な費用について教えてください。
A:当クリニックでは、不当表示が大嫌いなので、可能な限り、必要な費用を含んだ価格表示となっております。
例えば、ご質問のオールセラミッククラウンであれば、現在キャンペーンで、税別55,000円に、他院ではほぼ間違いなく別料金である仮歯の代金や、ファイバーコアの代金、痛くない極細針による麻酔代も含んだ価格になっております。ちなみに、某クリニックであれば、オールセラミッククラウンの価格に、仮歯代5,000円、ファイバーコア代15,000円、更に型取りの型代や痛くない麻酔代まで別料金で取られます。
ですので、当クリニックで他に必要な費用は、初診時にかかる初診料およそ700~800円のみです。また、その際の診断で、もし虫歯の治療が必要だったり、歯根や神経の状態を把握するためにレントゲンを撮ったりする場合でも、保険診療で行いますので、ご請求はその自己負担分のみです。
当クリニックでは、患者様のご希望で、他院に紹介状を書いてご紹介することもあるのですが、まるで携帯電話のオプションかピザ屋のトッピング料金のごとく、追加料金が次々に請求されたと後から話を聞き、とても歯痒い思いをすることがあります。
それゆえ、そのような経験を反面教師に、できる限り追加費用は発生しないよう努めますし、先の質問にもある通り、必ず最初に見積書をお渡しし、一度お持ち帰りいただいてお考えいただくようにしておりますので、どうぞご安心ください。

交通アクセス ~上高井戸歯科六本木へのアクセス~

東京都港区六本木5-1-3 ゴトウビルディング1st 9F
TEL.03-5770-8469
日比谷線 六本木駅 徒歩1分
10:00~13:30 15:00~19:00 休診日:日曜、祝日